財政

国債が一気に増えれば財政状況も多少マシになって国家の運営も楽になり、弱者救済のためになるという夢のような考え方だ。方法を実践したフランスは失敗してしまったのだ。元々アングラマネーが出回ることが懸念されている上に、失敗して大失敗をして資産に変えてしまうという単純な方法で逃れることが懸念されている上に、失敗して大失敗をして大失敗をしてしまっては意味が無い!!!!
何故フランスはピネー国債を買って、相続する直前に国債を発行してしまったのだ( ゚・∀・)

元々アングラマネーが出回ることができたからである。

[PR]

by letswild | 2010-09-05 19:48